リフォームなどの情報、担当者の日々感じたことを書き綴ります。サイトは http://shinsouke.com ツイッターはhttp://twitter.com/shinsouke です。


by shinsouke

インターネット

清水工務店新部署「新蘇家」担当の粟津です。

半年間ブログ・ツイッターの担当をしていたわけですが、

インターネットやパソコン、SNSの有効性を社内外でアピールもしていました。

今回の震災では、そういうものの弱点もありましたが、

ネットなどでの支援や応援などが役立ったり、勇気を与えたのも事実です。

また、色々な方が色々なことをしていたというのも、たくさん紹介され、

世界から見た日本の評価もよくわかる結果となりました。


日本経済新聞 震災支援、3.11以降に生まれた3つのプロジェクト


震災後6日で復旧した高速道路に、衝撃を受ける海外のネットユーザー

皇皇后両陛下が那須御用邸の風呂を避難者に開放 / ネットユーザー「マジで神対応」


車や刃物と一緒で、ネットも使い方によって善にも悪にもなります。

使うものをいかに正しく使うのか、どう使うのか、それで決まります。

ホームページも作っただけでなく、どう運用するのかで効果が変わってきます。

ネットの活用などはそのような事も考えてもらえる制作会社に依頼してください。

前職のネットアーツさんhttp://www.netartz.com/ここはそこまで考えてくれます。


話が逸れました。

ネットは怖いものでなく、こんなにもあたたかい気持ちが伝えられるものなんだ、

そんなことを感じた今回の震災でした。


新蘇家 -ReSTILO知立- http://shinsouke.com
新蘇家ツイッター http://twitter.com/shinsouke
[PR]
by shinsouke | 2011-03-30 11:55 | ひとりごと